2017年8月14日月曜日

ショートツーリング '17夏 ②「北山友禅菊」と「cafe'ふるや」さん

7月は何度か走りに出たが、仕事の業務はハードな月だった。
ちょっと疲れが出てきたかもしれない。今回の夏風邪もそのせいか。

8月5日。
体調や天候(梅雨にしては走れた方だね)の事もあって、前に走ってから3週間も間が空いた。

また美山方面へ行くのだが、久しぶりに、花脊峠からではなく、鯖街道~久多の里を抜けるコースから。
このところ、花脊峠や佐々里峠といったツイスティな峠道が多いのは、バイクを倒し込んでから前輪のセルフステアがついてくる感覚が楽しいから。
春先に、シーズン初花脊の下りが納得いくように走れなかったのが大きいかな。
回数走るにつれ、感覚が戻ってきた感じ。
タイヤがもう終わりのタイミングなので、荷重移動や抜重といったきっかけをしっかり与えないと曲がりにくくなってきている。
でも、それはそれでまた面白かったりする。



170805 この日のルート。反時計回り。

この日は、行きたかったところが2箇所。

その前に、志古淵神社に立ち寄る。
昨年の紅葉狩りのショートツーリング以来。


170805 志古淵神社にて この時以来

この神社の少し先が、訪れたかった場所、その①。
久多の里(京都市左京区)の北山友禅菊。


170805 北山友禅菊@久多宮の町にて

170805 北山友禅菊@久多宮の町にて②


170805 北山友禅菊@久多宮の町にて③


昨年は7月24日に訪れているが、この時は、まだ満開には少し早かったようだった。
淡く品のある紫色に惹かれ、今年はちょうど見頃に来れた。

この菊の花の見頃は、Facebookなどで、地域の有志の方々が発信してくださっているのだけれど、同じくFacebookを通じて親しくしていただいている先輩ライダーの情報から。
そしたら、
同じことを考えてる人がいた^^(たぶん、という予感はあった^^)

170805 K村姐さん捕獲

DUCATI 繋がりで仲良くしていただいている、DUCATI KYOTOのご常連。
女性ながら、monster以外にもBMW R1200Rや写真のKAWASAKIで年間ン万km走り回る、ツーリングマスターだ。
しばし楽しくお喋り。

この日は午後から雨の予報。
僕は西の美山方面へ、K村さんは東へ。
それぞれの次の目的地へ向かう。



ルート地図を拡大してみた。
上の北山友禅菊の畑が、地図ルート上の「久多宮の町」と表示の○。
少し走れば、佐々里峠。
その先の美山かやぶきの里、といった位置関係がお分かりいただけると思う。
道の駅「美山ふれあい広場」は表記されてないが、左端真ん中あたりの府38号線とR162のT字のところになる。

佐々里峠。
ところどころガレて、砂利や小石が浮いているから注意が必要だが、難易度は花脊峠よりは下がるか(苦笑)勾配がいくぶんマシなのだ。
それでも sport に乗り始めたころは、”できれば避けたいルート”の一つくらいの位置づけだったが、今では喜んで通っている^^



170805 佐々里峠石室にて。


ほぼ毎回同じところで写真を撮ってるので、まさしく「定点観測」
7月の時との違いはそう感じない?(苦笑)

向かった先は、佐々里峠を下りて、「美山かやぶきの里」の茅葺き屋根集落の手前を入ったところにある。
上の地図にマーカーで示した場所だ。

訪れたかった場所、その②に到着。


170805 cafe'ふるやさん にて①

美山の集落から少し山側に入ったところにある、古民家が cafe「ふるや」さん。
友人たちの口コミを聞いて、尋ねてみたかったのだ。
元々、店主の女性のお祖母様のお家だったらしい。

さっそくランチをいただいた。
向かって左にあるご飯は「寝かせ玄米」。小豆が一緒に炊き込んである。
この日のメイン(真ん中)は肉団子の甘酢あん。
添えてある、こおり豆腐やかぼちゃの煮物、写っていないけど、ちっちゃなおばんざい二種盛り(万願寺とツナのマヨ和えとさやインゲンの和え物、、、だったかな)
どれも季節の野菜があしらってあって「優しい」味。

店主の方のふんわりした雰囲気もあって、
おばあちゃんのいる田舎に帰った時に「まぁ、ご飯でも食べて行きなさい」って出てくる手料理。
そんな感じが近い。
近頃の食生活が、刺激の強さや分かり易い味の店が増えている中、「ホッとできるおいしさ」ってのはいいなぁ、と感じた。
あと、旬のものって身体に優しいんだなぁ、ってことを感じた昼食だった。




せっかく来たからと、デザートも。
これも事前から知っていて、食べてみたかった。
ここはランチだけにして、「ふれあい広場」でソフトクリームでも、、、と考えてたのだが、誘惑に勝てず(笑)




”名物?”いちご氷。

新鮮な苺を閉じ込めた氷を削ってるのだと思う。
これもまた、しっかり苺の味がしながらも、優しい味。もちろんキーンとは来ない。
ボリュームはあったけれど、すぐ食べてしまった^^

氷をいただいていると、あったかいお茶を出していただいた。
「体を冷やすといけないから」と。
またそのお茶の温度が絶妙なのですよ。ぬるすぎない程度にぬるい、という、この時期にはとても飲みやすい温度。
こんなおもてなしのできるお店は、そうはない。

暑いうちにまた来よう。

縁側からの風景。





山里の自然だから、そんな日ばかりではないことは分かってはいるが
いつも優しい風が吹いていますように
時折、優しい雨が降りますように
と思わずにはいられない景色。



奥に見えるお店の看板
ちゃんと”やすらぎ”がセットになってる
この後、”いつものコース”を3回走って、道の駅「美山ふれあい広場」〜R162から帰宅。
また、素敵な場所を知ってしまったものだから、まだまだ美山通いは続きそうだ。

2017年8月13日日曜日

ショートツーリング '17夏 ①「いつもの峠から」

夏風邪をひいてしまった。

今回の風邪はのどに来て、咳が醜い。
かかりつけの医院で薬をもらい、治まってはいるのだが、話す声がかすれてしまって変なハスキーボイスになっている。
「ハスキーボイスの芸人さんおるやん、ほら、あのコンビの…ほら。。。」と人の名前などを思い出すレスポンスも併せてかなりヤバい(苦笑)
※思い出してたのは「スリムクラブ」の真栄田さん でした。

皆さんも、お気を付けください。


********************************************************************************************************************************************************************************

前回の投稿 で6月11日に走ったショートツーリングを書いたのだが、その後も同じところばかり走っている。

6月17日、7月8日、7月15日、8月5日。
すべて、美山方面!!(苦笑)
行って帰って100~150kmと距離的にも気軽なのと、やはり走って楽しい区間が多いから。
山の中や峠道は楽しいのだけれど、そこまでの道のりがネ、、、という事が少ない行先なのだ。

いつものように、京都市内を西賀茂~鞍馬街道へ。



170617 鞍馬街道にて


何度か記しているが、街の空気と山の空気が入れ替わるのがこの辺り。
「汽水域」なんて言葉を思い出す。


170617鞍馬寺にて 花脊峠に向かう時には必ず前を通るのです。


鞍馬寺から花脊峠を越える。
この急坂続く九十九折で、きちんとバイクの初期の倒し込みができるかで、その日の調子のバロメーターになる。
少しずつ、戻ってきてるかな。

この日は花脊から、府38号線=佐々里峠~ではなく、途中のR477を京北町方面に向かう。
向かった先は、前から気になっていた、この建物。



写真の建物は「黒田トレーニングホール」(笑)だった。旧小学校の体育館。


次の予定があったので、この日はこのまま同じ道=花脊峠を降った。



170617 今度は花脊峠を下る。写真は「花脊神社」


翌々週 6月30日、DUCATI KYOTOストアへ。
何度か峠道を走り回っている途中に、リフレクターを落っことしたようだ。
リフレクターのプレートそのものは在庫があったが、ワッシャーピンなどが注文となっていた。
なんとか身体を空けた日の閉店間際に駆け込んで、無地装着。


170630 DUCATI KYOTOさんにて リフレクター無事装着。


月が変わって、7月。
また”美山”なのだが、今回は京都縦貫道〜R9で、南丹園部から日吉ダム経由でのアプローチ。



170708
前記事にも紹介の”いつものコース”を走り込んだ。


翌週 7月15日は、再び花脊峠〜佐々里峠経由。


170715 ここ最近のいつものルート=花脊~佐々里峠へ
佐々里峠に入る手前にある大きな樹。なんの樹だろう?


同じく170715 佐々里峠頂上の石室にて
前記事から1カ月季節が進んだ分、緑の様子が濃く深い。


”いつものコース”を今回も何度か走り込んだあと、道の駅「美山ふれあい広場」一息入れる。



今年何度目かの「美山牛乳ソフト」


上のソフトの写真をFBやTwitterにUPした時、「定点観測^^」なんてふざけたのが悪かったのか。。。



「定点観測」にかかってしまい、サインをする羽目にT_T


場所は




帰路のR162、地図の赤いマーキングのところ。
飛ばしていたスピードじゃなかったので、停まらされたのが何なのか分らなかったくらい。
この手前から制限速度が50km→40kmになっている箇所だった。
あ~ぁ。
だが愚痴は言うまい。飛ばしているときなら赤切符ものだ(大汗)

味噌が付いたものの、RUN自体はとてもとても楽しかったのだった。

②へ続きます。

2017年6月13日火曜日

0611ショートツーリング

近畿地方も6月7日に梅雨入り。
僕の住む京都では、初日の7日から8日の朝にかけてまとまった雨が降ったが、そのあとはなんとか降らずに持ちこたえて、いきなりの中休みになっている。
そんな6月11日(日)、入っていた仕事を同僚が代わってくれるからと言う事で、1日体が空いた。感謝。

天気予報はOK。sport と出かけることにした。
前記事に書いた、急勾配のヘアピンの連続する「花背峠」。
全くもって走れた感じがしなかったのだが、花背と一緒に佐々里峠も走って、九十九折に再挑戦だ。
リベンジと言うわけではないが、そのままにしておくと足が遠のくような気がして。

0611 この日に走ったルート。178km。表示と異なるのは復路の花背峠が入っていないから。

堀川通を北上し、西賀茂から市原〜鞍馬街道へ。
空いたバイパスで、軽く鞭を入れる。
先行車にはあまり近づきすぎないように。
気がついて進路を譲ってもらった。左手を上げてthank youの挨拶。
交通量が少なかったこともあって、市原のバイパスも気持ちよく走ることができた。

2週間前走ったばかりの鞍馬街道を北上。
鞍馬の家並みを抜け、鞍馬温泉を超えると峠の入り口。北山杉と木漏れ日が出迎えてくれる。


峠入り口付近にて。
この日は鞍馬方面からのアクセスなので、前回怖かった下りは、急な登りとなる。

路面も荒れている上に、高低差500mの急勾配。道幅も狭いところが多く、対向車もままある。
難易度は高いが、リズムが合うと、アクセルのON/OFFにシンクロしてバイクを右に左にバンクさせるのが楽しい道だ。
加えて、街中にはない山杉の香り。涼しい風。天に向かって突き上げる杉の木々と木漏れ日。
こんな中を、一人エンジン音をBGMに駆ける。バイク乗りでよかったと思える時間。
途中、失敗だなぁというヘアピンもあったが、うん、この前よりはずいぶん気持ちがいい。




花背峠を越え、広河原の集落を抜ける。
桂川の源流となる川の傍には緑となった桜や新緑の楓。

程なく、佐々里峠へと入っていく。
この峠も高低差はかなりある。急坂のヘアピンこそ花背よりはましだが、ツイスティさでは負けてはいない。


佐々里峠の頂上付近にて。
sportの左奥、白い車の向こうに「石室」がある。昔から厳しい峠であった事が窺える。


この佐々里峠も、sport に乗り始めた頃はもっとも苦手な峠だった(今でもだ(苦笑))が、季節が感じられる風景と相まって、年間何度も走るルートの一つになった。
 ※この峠道の紅葉の頃の風景をこの記事こちらの投稿で載せています。
豪雪地帯で冬季は通行止になるのと、春先に走るチャンスを逃してしまったので、今シーズン初となる。心なしか砂利が多いように思えたのは「慎重にいかないと」という気持ちが強かったからか?



上の写真と同じ場所で背後から。ここからは下り。峠を抜けると、美山の集落まで、もう一息


峠を越えると由良川沿いの快走路を抜けて、美山へと至る。

ここまで気持ちよく走れたことに気を良くして、このルートを試すことにした。


起点が道の駅となっているが、かやぶきの里から直接入った。走っていて気持ちが良かったんだな、と思う。


今、sport のタイヤは、交換目前のコンディション。
casunoのA木さんからは「そろそろセルフステアが付きにくいでしょ」と車検時に言われたくらい。
このコースの前半の登りの九十九折「九鬼ヶ坂」も、苦手なのには変わりはないが、このリンクの記事の頃と比べると、ずいぶんsport の動きを感じながら切り返しができるようになってきた。
気持ちよく(決して速くではない)曲がれている時のバロメーターの一つが、このセルフステアを感じられているかどうか。
この日は、リアタイヤのバンクに少し遅れて sport 自身が自然と舵を切っているのが感じられて、少し嬉しかった。
調子に乗って、1周約10km のこのコースを3周(苦笑)


かやぶきの里にて。ヘルメットも脱がず、この写真を撮っただけ(苦笑)



帰路につく。
いつものようにR162周山街道を走るつもりでいたが、車が多くなってきた。
京北町のR477との交差点で、ほとんど考えるかどうかより先に、左に曲がってしまった(笑)
また、2週間前と同じコースだ。
京北の快走路を抜けて、行きに通った花背峠を前回と同じように降っていく。
お。前回よりも、ちょっとはましになったかな。



撮影0528 花背峠の麓付近。
急勾配の下りヘアピン。止まりそうな速度なのは変わらないが、今回は前回ほど”怖さ”は感じなかった。


花背峠を下りて、再び鞍馬街道へ。
前回、叡山電鉄鞍馬線の「貴船口」駅近くで写真を撮ったが、今回は貴船神社の参道に入ってみた。特段、観光シーズンというわけではないけれど、人、車、共に多い。


料亭「べにや」の前で。紅葉の時期が楽しみ。


叡山電鉄鞍馬線の線路下。上に「貴船口」の駅が見える。
新緑と石垣に生す苔の風情が美しい。


この日の走行距離は178km。
シーズン最初の佐々里峠や、何度走っても難しい花背。また何度か走るうちに楽しく走れそうだ。


******************************************************************************************************************************************************************************

給油して、そのままGSで拭き上げした sport と帰宅したのが15:00。
今度はロドに乗り換えて、R162周山街道を 道の駅「ウッディ京北」まで。
「好きだねぇ」と自分で自分を笑ってしまう。

0611 ウッディ京北にて




ROADSTER のODOも1000kmを超えた。
初回点検を先日終えて、自主規制レブリミットは6500rpm。
これからますます楽しく乗れそうだ。

2017年6月5日月曜日

備忘録

愛車に加わった真っ赤なROADSTER。
納車から1ヶ月を過ぎ、6月4日、初回点検とOIL交換を行った。

OIL交換は新車の場合でも5,000kmで良いそうな。最近のクルマだなぁ。

ロドの現在のODOメーターは958km。

慣らしについて納車時にマツダのご担当に確認したら、「いきなり高回転、とかでなければ、あんまり気にしなくて良い」との事だったが、エンジンの使用回転域は段階的に上げるようにしてきた。
最初の350kmまでは3000rpm、〜700kmまでは4500rpm、〜900kmまでは5500rpm、〜1100kmまでは6500rpmと言った具合。
ギアはEgの使い方に合わせて、となるが、可能な限り万遍なく。


170514 周山街道を美山方面へ

170514 美山。満開のツツジと

170514 高雄・西明寺にて

この1ヶ月、お袋を乗せて「なばなの里」へ行ったが、あとは実家への道中に少しワインディングを入れたり、美山を少し走ったくらい、ではあるのだが…

クルマが軽く、ノーズの入りは素直かつクィック。それに合わせてリアが少しずつ外に出るような感触。アクセルを踏んでいくとグイグイ曲がっていく。
ムズムズとした感じはあるものの、実際のリアはもっと落ち着いた動きなのだと思う。ズバッと行きそうな怖さみたいなものはあまり感じない。
この辺は、初代NAロドとは少し印象が異なる。
何れにしても、ハンドリングの素直さと軽い車重を利して、「踏んで曲がる」楽しさを味わえるクルマだ。

この感覚、バイクに例えると、空冷EgのDUCATIに似ている。


MONSTER1100S / photo VIRGIN DUCATI.comより

ハンドリングの素直さを思うと、以前1日お借りした事があるMONSTER1100Sの乗り味とすごく似ている。
鼻先が軽くヒラヒラした感じ、後輪がクックックッと外に出ようとする感覚、アクセルのON/OFFで曲がっていくかのような感じ、ふんわりしたパワーの出方などなど…
贅沢装備やLSDも付かないが、最軽量990kgのグレードにしたのは、僕には正解だったかな、と思っている。



170520 実家に向かう途中で

長く付き合えそうな気がするね。


*******************************************************************************************************************************************************************************

sportとは5月14日と28日に、それぞれ120〜140kmほどの「ちょっと走ってくる」だが、楽しく走って来た。
14日は美山へ。

28日は…

170528 京丹波 味夢の里にて

170528 京丹波 味夢の里にて

道の駅「京丹波 味夢の里」へcasunoさんのショップツーリングの見送りに。
久しぶりに、大勢のバイク達と轡を並べてみる。
最後までご一緒できればよかったのだが… またの機会に。

DUCATI KYOTOさんのFacebookより

味夢の里から、R173で但馬空港〜鳥取・イカ丼に向かう皆さんから離脱して、R9〜府80〜日吉へ。府19〜府78〜R162〜R477を京北へ向かう。


R477京北にて。以前も何回も写真を撮っているポイントだ。


途中、初めて存在に気がついた鳥居。まだまだ知らない場所がたくさんある。


京北町 若松大明神の鳥居の前で。創祀は不明の社。

R477から花背峠に向かう。
雪が降る前に走って以来。
前半はそこそこ納得いくリズムで走れたが、急な下り勾配の九十九折となる後半は”ボロボロ”(苦笑)
どこかで”怖さが勝って”リズムが狂ってしまうと、いけない。
最後のいくつかの急下りは、止まりそうなスピードで通過しただけになってしまった。


京北方面から花背峠を下りて、最後のヘアピン。この箇所は曲がり具合も勾配もずいぶんまし。
この手前、右奥方向には急勾配の下りヘアピンが続いている。

sport はハンドルが遠い上、腰の位置が高いから、急な下り勾配、しかもヘアピンというのはもっとも苦手な場面。
転ばないように、というのが最優先だけれど、もうちょっとイメージ通りにクリアしたい。
何度通っても、難しい…
けれどこの道、
深い杉の林の中を木漏れ日を感じながら、山の匂いを感じながら、一つ一つのカーブをクリアするのは楽しくて。まだまだ止められそうにない(苦笑)




170528 貴船口にて。奥の線路は比叡山電鉄・鞍馬線

花背峠を下りて、鞍馬寺〜貴船神社の参道へ。
この辺り、道もずいぶん整備された。上の写真の場所などは、幅員がだいぶ拡張されて対向車との離合も気にしないでよくなった。
走りやすくはなったものの、トンネルはなんだか味気ないなぁ、と思う。

この数日、京都でも30℃を超える真夏日が何日か続いた。
春の一番気持ちの良い時期がなんだか短かったような気がする。
sport、ROADSTERとも、雨の多い季節にはなるが、合間を見つけて楽しんでやろうと思う。
どっちで出るのか、悩ましい選択をする日もあるのかも知れないね。

2017年5月8日月曜日

ビワイチ

今年も、無事に参ることができた。
今年は亡父の七回忌。東京に住む妹夫婦も一緒に。




170429 永源寺

同 永源寺にて

********************************************************************************************************************************************************************************

群馬に住むライダーご夫婦、ko-ji君とエッコさん♪。
距離があるからそうそう会うこともできないが、SNSを通じてのお付き合いは長い。

そんなエッコさん♪から、GWに滋賀県方面にキャンプツーリングに来ると連絡をもらったのが2月。
ひねりも何もない直球鉄板のルートだけれど、案内を楽しみにしてました^^

4月30日(日)7:50 マキノのGSで合流。
待ち合わせはキャンプ場入口での予定だったのだけれど、給油に出たという連絡をもらったので、立ち寄ってみたら大当たりなのだった('-^ )v


おはよう!!お久しぶり!!ようこそ!!

まずは、新緑のメタセコイヤ並木へご案内。
am8:00 まだ朝早いので、車・バイクは少ない。


エッコさん♪の愛車 MT-25


記念の2shot

湖岸を南下して、白髭神社の湖中鳥居


バイクの向きが反対(北を向いている)のは、待ち合わせに向かう往路で撮ったから

エッコさん♪、いい写真が撮れたかな^^

R161志賀バイパスから、次の目的地へ。
最近、sport と走るときはソロが多かったので、誰かと一緒に、しかも先導をするのは久しぶり。
記録を見たら、15年の9月に関東からの友人たちと走って以来。
ペースは大丈夫でしたか?

次の目的地は、「琵琶湖テラス」
せっかく琵琶湖、しかも絶好の快晴。一番の眺望をお見せしないとね。
麓の駐輪場にバイクを停めて、ロープウェイでテラスへ。

ゆっくり話せて、楽しかった(*^.^*)



ガスが出て雲海のようになっている。沖島がクジラのように見える。

スマホのパノラマモードで撮ってみたが、blogだと横幅の制限で小さくなってしまう^^;;
クリックして大きな写真でご覧ください。


カレーパン。なかなか美味しい。


さぁ、次はランチを目指しましょう。
堅田まで南下して、琵琶湖大橋を渡り、湖週道路を近江八幡へ。
本日のルート、奥琵琶湖から逆時計回り。
これ、琵琶湖一周のお約束?です。湖を左に見ながら走るのですよ。

ランチは、近江八幡ユースホステルにある「HAKO TE AKO」で。
白状すると、ツーリングプランを練っていた段階では、ここの存在を忘れていて、別のところを考えていた。
なんだかなぁ、という感じがしてたので、DUCATI KYOTOの常連さんで、仲良くさせていただいているK村さんに相談してみたのだった。
さすが、真っ先1択のような感じで「HAKO TE AKO」。姐さん当たりです^^

ここではちょっとしたサプライズを仕掛けた。

動画からの切り出しなので、画像が粗いね

奥さまと連休中別行動だった、ご主人ko-ji君と智くん。
事情あって、実家(三重県)に帰って来ていたのだけれど、エッコさん♪に内緒で、ランチで合流することに。
上の写真は、大成功!!のピースサイン。プラカードがあったら完璧だったね。


国の有形文化財となっている建物の前で sport も記念撮影

満席だったので、待つこと30分。
ご夫婦と智くんと皆んなでランチ。


ランチは煮込みハンバーグをチョイス。パンもモチモチで美味しい。

食事の後は近くにある「ラ コリーナ近江八幡」へ移動。ゆっくり過ごす。


ラ コリーナHPより。まだ芝生は茶色かったね。

さすがのGW。人が多くて、焼きたてのバウムクーヘンを食べてもらえなかったのは、ちょっと残念^^;;
カステラの実演に、智くんかじりつき。かわいかった〜

ko-ji君、智くんとはここでお別れして、琵琶湖の東岸を北上。
自転車の集団や遅いクルマにつっかえなければ、快走路なんだけれど…
まったり景色を楽しみながら。でも、ちょっと単調になってしまった。

米原の「道の駅 近江母の郷」で休憩し、キャンプ場近くで流れ解散。


キャンプ場からほど近い、大浦・丸子船の郷にて。すっかり葉桜だが、これはこれで良い。

こんなビワイチでしたが、楽しんでもらえたかな。

この日のルート 




エッコさん♪、一日ありがとうございました〜
ko-ji君、智くんもありがとうね( ^-')/

また、会いましょう!!


sport も久々の300km超え、お疲れ様。

この日の走行距離 332km、燃費データは24.5km/l ‼️