2017年12月9日土曜日

From Seven meeting 〜ゾンネ・ウント・グリュックさんへ1203

12月第1週の日曜日に、京都・嵐山-高雄パークウェイで行われているクルマのイベントに行ってきました。





以前にクルマ雑誌の記事で目にしたことはあったのだけれど、"S" に乗っている時も行ったことはなかった。
ROADSTERに復活することになって、DUCATI KYOTOのご常連で、親しくしていただいている方から声をかけていただいたのがきっかけ。




1203(日)同じくDUCATIのご常連で、元Hypermotard、今はBMWのGSに乗るお●もんさんと待ち合わせて、R162を高雄へ。
途中”それらしい”クルマたちをたくさん見かけ、気分が高まってくる。

ミラーを見ると、後ろにいたのは、多分この車のコンバーチブル。ずっと快音を聞かせてくれていた。
詳細はわからないけれど、V6・2500〜2800cc(110ps前後) 当時としては強烈な性能を誇るプレステージスポーツ。

1959 LANCIA Flaminia Sport 。美しいボディは、カロッツェリア・ザガート‼️

会場に到着すると、、、

その様子や、集まってくるクルマ達は、こちらの動画がよく表してくれていると思う。

フロムセブンミーティング2017【高雄パークウェイを快走する車たち】

フェラーリやランボ、ポルシェ、ロータス、等など、、、スーパーカー世代にはたまらないひと時。


この一角には Porsche911 が並ぶ。右のGT3(type997)CS は誘っていただいたT川さん

約2時間、眼福に尽きる時間を過ごした後は、ご一緒したT川さんご夫妻、お●もんさんと、日吉までのプチツーリングに。
小1時間のドライブを911 GT3 のナビシートに座るという幸せ。




前走する僕のロドを駆るのは、T川さん奥様。もともとNAロドにも乗られていて、本当にドライビングカーの好きな方。
無理なくスムーズに乗っていただけているのがよくわかる写真。

一方、僕はご主人の駆るtype997・GT3CSのナビシート。
RRというクルマの構成から、リアタイヤにかかるトラクションの感覚は、多分バイクに近い感じなのでは? と一度経験したかったクルマ。
果たして、その想像は外れていた訳ではないのだけれど、、、

全てにおいて「感動」、の一言。

最初に感じたのは、アクセルON→後ろ脚で蹴飛ばすような加速感。これは前述の通りほぼ心構えができていた。
が、驚いたのは、アクセルOFFの回転の落ちのリニアさと、それによって起こる絶妙のピッチングモーション。
まさしくバイクさながら。アクセルのON/OFF で曲がるきっかけを自在に作り出せる感覚。
これが強すぎると、怖くて乗れたものではないが、”絶妙”なのだ。
ブレーキも、まさに踏力に応じて減速Gがリニアに立ち上がるタイプ。
公道のワインディングだから、そうそうハードなブレーキングはなかったが、絶対的でかつ、コントローラブルな制動力は十分に感じることができた。
更に感動したのは、コーナーの出口などで、縦(進行)方向から横方向へのGの変化がとてつもなくダイレクトでソリッドな事。
言葉にすると”ダイレクト”で終わってしまうのだけれど、その言葉にできていない”ランク”のようなものが別の次元にある。
ボディサイズは仕様によって多少異なると思うが、標準型の997で、4425×1810mm、ホイールベースは2350mm。
このサイズにもかかわらず、クルマの状態がどのような状態にあるかのインフォーメーションがものすごく”濃密”
これは、スゴい!!
そして、これらの感覚の根本は”塊”のようなボディ剛性があっての事。どのようにクルマを振り回しても、根を上げそうな気配など微塵もない。

クルマの成り立ちを考えると、エンジンという一番の重量がクルマの後ろにあるのだから、確かに後輪のトラクションには有利だろうが、慣性が付いてしまうと抑えるのが難しい。
また、そのままなら、前輪への荷重も難しく、接地感は?だろうし、荷重がかかりにくいから曲がらない(アンダーが強い)という、速度域やクルマの状態によって相反する性格の、ものすごくピーキーなクルマになることは想像に難くない。

にもかかわらず、、、

こんなに操ることが楽しいクルマ、奥深さを持つクルマ、どっしりした安心感があるクルマ、ドライバーの意のままに反応するけれども、ミスもまたはっきり指摘してくれる(そうな)クルマ、、、

、、、ないでしょう?

本当にすごいクルマ、マシン❤︎

ナビシートに座りながら、色々とこのクルマの事、他の911の事を教えていただけた。

通常の911とは異なる、ルマン参戦の911GT1の血を引くエンジン、より強化された足回り・ブレーキ、サーキット走行を意図したバケットシートやロールバー、、、
ナビシートに座っていても、タイヤの蹴った小石の当たる音まで分かるような、全ての可動部が硬質な、レーシングカーそのものの感触。
ハンドルを握れば、更にその”ダイレクト”さを体感できるのだろうけれど、今の僕には恐れ多い。

けれども、バイク・クルマの両方を楽しみたい僕にとって、憧れの911。しかもGT3CSという仕様。
幸せな時間になった。


楽しくも濃密なドライブの後は、「ゾンネ・ウント・グリュック」さんへ。
この日ご一緒したお●もんさんは、ご常連さんだ。
本当に久しぶりなのだけれど、僕自身も以前に訪れている



ここでも、楽しい会話のひと時。たっぷり1時間くらいは居ただろうか。



911GT3とロドの2ショット。楽しかった!!

この後、クルマを入れ替え、今度はGT3の後を追う。ロドのドライブはT川さんご主人。
GT3の速さを後ろから見ることに。
乗っていた時に感じたアクセルONからの蹴飛ばし感だが、特撮やアニメの演出で使われるような「タメ」があって、しかる後に「ドンッ」と飛び出すような感じ。それがそのままリアルに起こっている。同時にエキゾーストも心昂ぶる音に。
「速いわ〜」と笑い合う男2人なのでした。

2台で向かったのは、RSタイチ京都店〜casunoさん。T川さんご夫妻、お●もんさん共にBMW乗りだから、この日はこんなことに、、、

(笑) R nineT Racer!!
いや、写真より実車の方がカッコイィ。
しかも素の R nineT 、試乗だけだけれども、いいバイクだということが判っているから悩ましい(笑)
それにしても、1日楽しく遊んだ。
初めてのFromSeven meeting。誘っていただいた上に、911まで体験させていただいたT川さん、奥様、ありがとうございました!!

この日の最後に


お●もんさんからのプレゼント。

数ヶ月前に、書店でこの本見かけて「僕(Hiroshi Muto)がROADSTER に乗るようになったのを思い出したから」、と手に入れて頂いたとの事。
お心遣いに感謝。ありがとうございます!!

皆さま、ありがとうございました!!

2017年11月26日日曜日

晩秋から冬へ③

※ 今回の記事は(も?)写真多めです。

先日 1115に、sport と近くの紅葉を見に出かけた。
その後は所用や何だで、今年(の紅葉)はもうムリかな?と半ば諦めていたが、体が空いた25日。
ダラダラするのは勿体ないと、ジャケットのインナーと、ウィンターグローブを引っ張り出す。

1200少し前、遅めの出撃。
例によって、行き先は決めていなかったが、何となく流れに沿うように、きぬかけの道〜R162周山街道へ。

走りながら、今シーズンラストになるかもしれない、佐々里峠の晩秋を目指すことにした。


1315 「美山ふれあい広場」で休憩

行楽のクルマも多かったが、まぁまぁなペース?1時間強でここまで来たが、午後にもかかわらず、気温は6〜8℃ほど。真冬並みの寒さ。体が冷える前にと一服を挟んだ。
10月、11月は京都の観光のピークだ。この美山ふれあい広場もクルマ、バイクでいっぱい。
トイレを含めて15分ほど。寒さが少し引いたところで出発。


かやぶきの里付近にて

かやぶきの里は、まさに溢れ返らんばかり。とても停まる気にならず素通り。少し先の紅葉と記念撮影。
1028にロドと出かけているが、この写真がほぼ同じ場所。




府38の快走路を佐々里峠に向かう。


府38を美山から東に走る。木々の葉は随分寒々しくなってしまった。


芦生ロードパークの手前で。ピークは過ぎてしまったが、まだ鮮やかな紅葉も残っている。


佐々里峠入口付近。写真の右のほうは冬の峠道の景色だね。
この向こうは、ほぼ全域で濡れた落ち葉の絨毯。シーズンOFF直前である。


毎回通るたび、定点観測的に写真を撮っている「佐々里峠・石室」
今回はすぐ脇にsport 停めての1枚。


佐々里峠は積雪地帯だ。まだ日にちは決まっていないようだが、12月の何日かから3月頃まで通行止め・シーズンOFFとなる。
本当はもう少し立ち停まって写真を撮りたかったが、余裕なく、断念。
濡れた落ち葉、ガレ、小石。。。走れるラインは0.5〜1.5m幅くらいという路面状態が峠のほぼ全域で続く。
こんな路面は、リッタークラスのオンロードバイクではちょっとイヤだ^^;;
途中、ヤマハのテネレだったと思うが、アルプスローダーに道を譲る。
冬に向かう景色を目で追いながら、慎重に峠を越えた。


広河原の集落から、今度は花脊峠に向かう。


路上の気温計は5〜6℃。陽射しが出ているのと、写真を撮るのに何度も停まっているからか、冷えは随分マシだ。



府38 広河原付近にて。以前も何度か写真を撮っているお気に入りの場所。


同じ場所だが、アングルを変えて。つもりをした訳ではなかったけれど、西陽がいい感じに差してくれた。


府38 花脊原地町にて。後ろの小さな橋が以前から気になっていて、sport を寄せてみる。



同 花脊原地町付近。銀色に輝くススキの穂、紅葉。
こんな景色の中を走っていると、つくづくバイク乗りでよかったと思う。


花脊八桝町付近。この先で府38からR477に。九十九折の峠の入口。
西陽に輝く黄葉がキレイだ。

花脊峠に入る。
今年の僕のバイクシーズンは、この峠の下りを苦戦したところから始まったと言ってもいい。
それくらい、この花脊と佐々里の2つの峠ばかり走ってた(苦笑)
勾配がきつく、路面の荒れの酷い部分も多い花脊峠だが、今日ばかりは佐々里峠より走りやすかった。所々に濡れた落ち葉の絨毯や、枯れ枝があるが、ほんの所々で済んだ。
佐々里峠の路面が、かなりの緊張を強いる酷さだったから慎重にならざるを得ないが、楽しく九十九折を抜けることができた。
とは言っても、もうタイヤが終わったような状態だから、走るペースやバンクのさせ具合もほどほど^^;;


花脊峠を降りると、府38 鞍馬街道に入る。
峠を下りたところ、「鞍馬温泉」の川床の紅葉が目に入ったが、写真には撮れず。
夕刻にもかかわらず、鞍馬寺の山門付近も人が一杯だ。

下の写真は、この記事の最後の写真とほぼ同じ場所・アングル。


叡電「貴船口」付近。民家の屋根の向こうの電柱は電車の架線。

上の写真から数m左にsport を寄せると、この画。
上の小さな社には「鬼一法眼之古跡」がある。

その少し先。



去年も同じような写真を撮っている。


この辺りは、季節問わず写真を撮って投稿している場所で、叡電鞍馬線の高架付近。
上の写真から、数十m。後ろに見える紅葉は「白龍園、河鹿荘」の日本庭園。





街中に戻ってきた。
西賀茂から加茂街道へ。
交通量の多い幹線道路だが、季節感が大好きな道の一つ。


道幅狭く、交通量も多いから、ロドではこうはいかないネ。


向きを変えて、もう一枚。奇跡的に他のクルマ・バイクが映り込んでいない。
左手が賀茂川(鴨川)

午後を楽しくsport と過ごせた。
冬至も近いから、16:00を前にして、この夕暮れ感。
写真は「紫明通」という通り。加茂街道と堀川通を結ぶ区間はイチョウ並木になっている。
葉はほとんど落ちてしまったが、このなんとなく寂しい感じもまた、今の時期に相応しい。




今年、sport と見る秋はこれで見納めかな。
京都の季節も冬に変わろうとしている。

この日の走行距離 124km。

走行ルートのマップです。



【 お知らせ 】過去記事再編

2015.7月に、以前のblog で書いてきた記事を10編、こちらに引越ししました。
最近、そのコピーした記事の画像や絵文字が消えてしまっていることを発見。

幸い文章は保存されていましたので、内容を元に写真のデータを更新、文章は極力そのままに再編集しました。
オリジナルの絵文字を多用した遊び感がなくなってしまったのは残念なのと、写真の選択や位置など細かい違いはありますが、ご容赦ください。

今後とも、拙い投稿のblog ですが、お付き合いいただけましたら幸いです。

以下、再編集した記事です。

2008リバイバル 0330 sport1000納車
2008リバイバル 0406 sport初ツーリング
2008リバイバル 0420事故について
2008リバイバル 1004試乗会①
2008リバイバル 1004試乗会②
2008リバイバル 1004試乗会③
2008リバイバル 1004試乗会④
2008リバイバル 1004試乗会後記
2009リバイバル 0725・26新潟ツーリング①
2009リバイバル 0725・26新潟ツーリング②



これからも、よろしくお願いいたします。


2017年11月20日月曜日

秋の ROADSTER

4月23日に我が家にやってきた MAZDA ROADSTER





ODOメーターは3,200kmを少し超えたところ。
この半年、飯田までの往復580kmから普段の使い走りまで、乗って走らせての楽しさ以外にも便利に活躍してくれている。

この赤=classic red 、気に入っている。
ちょうど、ROADSTER の購入を決めた頃の限定色で、MAZDAのHPからも担当者の想い入れが伝わってくる
上の写真で sport と並べているが、似合ってるような気がする。←オヤバカ ^^;

この classic red、実際の色を見る前から「秋の景色と合うだろうなぁ(*^.^*)」と思っていたので、出かける度に写真に撮ってる。


1009 仕事が少し早く終われたので、暗くなる前に少し走ってきた。
まだ紅葉には早い。


江文峠からの帰り道、静原にて。
横から見ると、全長3900mmの小さな車体がよく分かる。


1028 美山「caféふるや」さんへ。この日は生憎の雨。


右のハイエースは、お●もんさん。偶然バッタリ。


いつものように、優しいお昼ご飯。

この数日前、台風が関西地方を襲っている。
僕の住む地域は大丈夫だったが、近隣の河川に近いエリアでは、避難勧告が出たほど。
写真には撮っていないが、美山にも大きな爪痕を残していた。
ふるやさんも被害はあったものの、元気に営業しておられた。一安心。





木々もようやく色づき始め。木によって、という程度で見頃にはまだ早い。



1105 ロド会へ 「るり渓」でBBQ。
まだお会いするのは2度目だが、楽しく過ごした。皆さん、ありがとうございました!!


前記事にも掲げたphoto。府453は、デカンショ街道=R372と能勢街道=R173を結ぶ快走路。



こちらも前記事からの再掲。僕のclassic red は、手前、初代ROADSTER/NAへのオマージュなのです。


歓談が楽しくて、料理の写真をほとんど撮っていない^^;


ロド会からの帰路、るり渓温泉付近で。紅葉はちょうど見頃を迎えていた。


1118 またしても雨。この日は滋賀の実家へ。
距離的にはR1を東に走れば良いのだが、つまらないので、江文峠〜大原〜途中越え〜琵琶湖大橋というルート。
    


加茂街道にて。鴨川を背景に写真を撮りたいが、クルマだとムリだね^^;


江文峠を降りて、すぐにR367には出ずに並行して走る脇道へ。寂光院の近くにて。








そこから少し行くと、古知平。阿弥陀寺の入り口で。

今日の気温などは日中も一桁で、真冬並みの寒さ。比良山系でも初雪になったようだ。
今年の紅葉も、もう終わりに近づいている。

もっともっと走り回りたい、sport と見たような景色を ROADSTER とも見たい、と言うのがホンネだが、まぁ来年、再来年も季節はやって来るし。
走りの楽しさとも併せて、長く付き合っていきたいクルマだということをあらためて感じた1回目の秋。


これからもよろしく!!

2017年11月18日土曜日

晩秋から冬へ②

今年の秋は本当に駆け足だったように思う。

ここ数日、会社に向かう電車でマスクの人が目立つ。急に冷え込んだからかな。
冬至に向かってますます陽は短くなる。季節は日に日に進んで行く。

前記事で書いたが、休日の度天候が悪かったり、仕事や所用が重なったりで、この秋はほとんどsport に乗れずにいる。

1027 とうとう我慢できずに夜走りに出た。
前記事に掲げた、美山「caféふるや」さんが 9/30だから、ほぼ1ヶ月乗れなかったのだ。
夜になって空いた国道で少し鞭を入れる。
高まるエンジン音、地面を蹴るリアタイヤの感触。上半身に襲いかかる風圧、、、
求めていた感触がある。
R9を西に向かい、老ノ坂峠を降りたコンビニで折り返した。


夜のコンビニ駐車場。Uターンとメールのチェック。

ただ帰ってもつまらないので、嵐山に寄り道。
夜にもかかわらず渡月橋付近は観光客が多く、写真は撮れなかった。
天龍寺近くで何枚か。

sport の向こうに見えるのは、うなぎの名店


さすがにワインディングとはいかないが、夜の老ノ坂峠の往復はクルマも少なく、気持ちよく走ることができたのでOK。
この日の走行、52km。
翌日は休日だったが、生憎の雨。走っておいたのは正解だったと思う。


********************************************************************************************************************************************************************************


1105 9月に岸和田でお会いしたロド乗りの皆さん、紹介いただいたTご夫妻も一緒にOFF会。
るり渓にて。


NAが3台、NB、NC、NDが各1台、独コンパクトハッチ1台とバイク1台。NA率高し^^


新旧 classic red 2台。並べることができて嬉しかったりする(*^.^*)


るり渓に至る府453にて。秋の深まりを感じながらOPENで。バイクで走っても楽しい道だ。

この日は皆でBBQを楽しみながら歓談。楽しく過ごすことができた。
皆さん、ありがとうございました!! また!!


*******************************************************************************************************************************************************************************


1115 出張が入ってしまった週末の代休を取った。
疲れが残っていたようで、早く起きることができず。用事も終わらせて、11:00頃になってようやくの出撃。
夕方からの所用で遠出はできないので、近場の紅葉を見に行くことにした。R162周山街道を高雄へ向かう。



梅ヶ畑・御経坂付近にて


高雄口付近にて




上の2枚は西明寺付近。紅葉の名所だが、前日の雨でだいぶ落ちてしまったようだ。


高山寺参道付近にて。この少し先の観光駐車場でUターンし、帰路につく。


料亭・錦水亭付近


嵐山・高雄パークウェイ入口。この写真の風合いはInstagramのフィルターを使って加工している。


帰り道。御経坂に向かう


山越通・宇多野付近


こうして投稿に写真を並べると、1日走り回ったような感があるが、この日の走行距離は27km!!片道13km(苦笑)
まぁ高雄までしか行ってない訳で、住んでいる同じ区内である(爆)
走っている時間より、写真を撮るのに停まっている時間の方が長かった気がするが、まぁいっか。観光マイカーが減ったら、もう少し走ろうと思う。

最寄りGSで場所を借りて、小1時間洗車してから帰宅。
このblogを書いている今日は金曜。明日は休日なのだが、また雨のようだ。今年sport と見る紅葉は、これで終わりかな。