2018年6月10日日曜日

原因判明

先の投稿、6/ 3(日)のショートRUNの帰路に止まってしまった sport 。

木曜にDUCATI KYOTO さんから連絡をもらっていたのですが、詳しい話を聞きに、仕事帰りにストアまで。

想像通り、原因はレギュレーターでした。
そのあおりで、バッテリーも過充電状態でOUT、要交換です。
恐れていたオルタネーターは大丈夫だった模様。






手痛い出費となりますが、発電系でなかったのはまだ幸いでした^^;;
もともと付いていたレギュレーターがパンクして(この時はバッテリーも無事で、これも幸いだった)クレーム対応で対策品に交換したのが 9,752km。
そこから、約20,000km強。
同じくらいの走行距離で、またあるくらいのつもりでいた方がいいのかも知れません。

そんな訳ですので、無事とは言えないまでも、大事に至らずでよかったです。
ご心配いただいた皆様、ありがとうございました。

2018年6月4日月曜日

sport 、止まる

6/ 3、快晴の日曜日。
梅雨入りする前に、いつもの峠道を走っておこうと sport と出かけた帰り道。
自宅まであと3km の交差点の右折信号待ちの途中、エンジンが突然止まった。

一瞬、自分でエンストさせた?と思ったが、クラッチレバーは握っているし、、、
大急ぎで、イグニッションキーを OFF/ON 、スターターボタンを押すもエンジンはかからない。
進路クリアと同時に、sport を押して右折の先の路肩に停めた。



********************************************************************************************************************************************************************************


朝は少しゆっくり過ごした後、午後からの予定に間に合うように、ショートRUNに出た。
昨日のうちからコースはだいたい決めていて、いつものように鞍馬〜花脊峠を駆ける。



鞍馬温泉を過ぎてすぐの峠道への入口。空が青い。



この写真のすぐ先から上りの急勾配+鋭角ヘアピンの連続する区間になる。


急勾配+鋭角の曲がりに加えて、路面のうねり、所々は工事を行っていてかなり荒れている。

以前、イベントの際に”ネモケンさん”に苦手意識を相談したら、
「コーナーリングしようとしてるでしょ?」
「そんなヘアピンでコーナーリングしようとしたらダメ。狭い交差点の右左折で(コーナーリング)しないでしょ。一緒だよ」
と、アドバイスいただいてから、随分気楽になった。

楽しむコーナーと、ただ曲がることに専念してやり過ごすところをメリハリつけて、スロットルのOFF/ONと抜重。
同時に、最近は、なるべくギアを自分が思うより1段高めに=低い回転数でコーナーをやり過ごし、アクセルONの際の開度を大きくと意識する。
タッタッタッタッとリヤが外に逃げる感じがあって、その後ダダダッと進行方向に地面を蹴る。
滑るのとは違う感覚が面白かったりする。
この感覚とバイクのセルフステアが感じられるときは、自分の調子も良いのだろうと思っている。
そんな時こそ、調子に乗らないようにしないといけないのだが。

花脊峠を北向きに走るときは、下りは比較的見通しの良いコーナーがあったり、路面もまだ優しい。少し鞭を入れ、快走路のR477 へ向かう。






R162との交差点を過ぎ、日吉ダム方面に向けてもう一度葛折りを楽しもうと、天若湖北面のこの時のルートを目論んだが、工事中。
 仕方がない(笑) 
湖の南側から府19号と、時計回りの快走路へ。
日曜+快晴の午前だったが、このエリア、車・バイク共に思ったより少なく、楽しませてもらった。
速くより楽しく。コーナーの組み立てを意識しながら sport を駈る。







帰路につく。
R162・周山街道をクールダウンしながら帰っても良かったのだが、もう少し走りたくて、往路に通った花脊峠〜R477を逆方向に戻ることにした。
我ながら、もの好きだねぇ(苦笑)


行きに撮ったのと同じ所で。この時とも全く同じ場所。


短い時間ながら、お気に入りの峠道・快走路をたっぷり楽しんだ。
写真を撮るのに停まるが惜しい、と思えるくらいだったので、写真も掲げた3枚しか撮らず。


こうして戻ってきた京都市内で、冒頭の話である。
右折待ちの交差点で、いきなり何の前兆なくエンジンが落ちた。


2〜3度イグニッションをON、スターターを押すも、セルは回ってくれない。


この感じ、以前にも経験している。
2010年3月、DUCATI KYOTO さんに向かう途中での出来事。
この時は、レギュレーターのオーバーヒート。周りの配線も少し焦げたっけ。
sport は2006年式だが、この頃のDUCATI はレギュレーターが持病なのだろうか。
SBK・1098で何人かの方から同じような話を聞いている。
この時には、部品を対策品に交換し、その後今日まで問題なく過ごしてきたのだが、、、

念のため、バッテリーの端子やカプラー類、レギュレーター周りをチェック。
見た所、異常は見当たらない。メーターにも通電はしているようだ。
潔く再始動は諦めて、ストアにTEL 。続いてJAF にロードサービスの要請。
1時間と待たずに、救援の積載車が到着した。



救援に来ていただいたJAF の方もバイク乗り。
旧車・ホンダCX400-Custom!!が愛車とのこと。


不幸中の幸い、止まってしまったのが街中だったので、救援もすぐ来て頂けた。
その上、ストアに比較的近かったこともあって、追加費用も発生せず。
もし花脊峠や京北の山間で止まっていたら、救援を呼ぼうにも携帯すら使えないエリアもある。
今回、止まってしまったsport を押して歩くことはなかったが、何kmか押さないといけなかったかもしれない。
通行の車などに通報をお願いしないといけない、なんて事も。
それを考えると、まだラッキーだったのかも知れない。



casuno さんにて。整備待ちのタグが着いてしまった。


今日はsport をお預けするだけになったが、数日のうちに原因の連絡を頂けるだろう。
大きなトラブルでありませんように。
DUCATI KYOTO さんで、冷たいコーヒーを頂いて。。。

そうだ、午後の家内と出かける予定はダメになったと連絡しなきゃ。

本日の走行距離 148km、sport の総走行距離、30,236km。


  

2018年5月13日日曜日

2018 新緑

GWも明け、快晴の土曜日。
友人のSNSに背中を押してもらう形で走りに出た。

出かける前には、疲れからか sport と過ごすことを少し躊躇っていたのだが、走り出してしまえば、グイグイと愛車との心地の良い域に入り込んでいく。

花脊峠〜佐々里峠に向かう。



貴船・鞍馬方面に向かう、いつもの場所にて。街の気と山の気が交わる汽水域。



花脊峠を越えた広河原の集落。



旧・広河原スキー場(つい最近まで京都市内‼︎にスキー場があったのだ)手前にて。
この木を過ぎると佐々里峠に入っていく。こちらの投稿に同じ場所でのphotoを掲げている。



2016年11月の投稿で、同じ場所で紅葉の写真を掲げている。







いつもの場所、「石室」にて。昨年秋、11月25日以来の約半年ぶり。



野生の藤も見頃を迎えていた。iPhoneの写真では淡い紫色が綺麗に映らないね。



GWも明け、クルマ・バイクの出足も少し落ち着いたか。「道の駅美山ふれあい広場」にて。
ここに入る前に、いつものコースを4周(苦笑)楽しかったのだ‼︎


新緑眩しい峠道、お気に入りのワインディング。
距離と時間は短めだが、たっぷりと楽しむことができた。
本日の走行距離 161km。燃費データは 21.5km/l。

sport と半日過ごして、走り出す前に感じていた疲れや澱といったものがクリアされたような気がするよ。


2018年5月5日土曜日

0428ショートツーリング

GWも残すところ今日とあと1日。
例年の事ながら、自身の業務や他部署の応援などあって、大型連休とは縁のない日々を送った。
ツーリングや旅行に出かける友人たちのSNSを拝見しながら「いぃねぇ^^」と思う。
羨ましい、というのとは違って、自分も楽しんでいるかのような気分になっているようだ。


********************************************************************************************************************************************************************************


GW初日の4/28は通常通りの休日になった。

溜まった疲れを取るのに朝を少しゆっくりしてから、気になっていたチェーンの洗浄と注油に動き出す。
小雨降る観桜ツーリングからこちら、3週間 sport に触れていなかったのだった。
幸い、錆やひどい汚れもなく、ホッとする。



現在のチェーンは江沼の ThreeD。面取り・肉抜きされたプレートがお気に入り。



10時を少し過ぎた頃、エンジンに火を入れた。
どこへ行く?
とりあえず美山か花脊~佐々里峠方面か、と、自宅前の幹線道路を北に向かったその矢先。
左後方から並びかけてくる大型バイク。
?と思って視線を向けると、GSに乗るT川さん!!
年末には、クルマのイベントに誘っていただいて911GT3(type997)のナビシートに乗せて頂いたり、最近では音楽趣味でもいろいろ教えてもらったりとお世話になっている。
さらに後ろに目をやると、奥様のR nineT!!
ご夫婦でツーリングに向かわれる途中のようだ。
「バイクと(ウェアなどの)後ろ姿ですぐ分かった」との事^^;;

それにしても驚いた!!
自宅を出て、数100m。待ち合わせでもしたかのようなタイミングだった。
「どちらまで?」
福井・敦賀方面へ向かわれるツーリングに途中までご一緒させていただく事にした。

市内の幹線道路から、修学院~大原~途中トンネルを経て鯖街道へ。
連休初日という事もあって、クルマはやや多め。
適度にカーブのある快走路だが、ほとんどが前走車を置きながらのペースとなった。
T川さんご主人・GSの先導。
黄色ラインは割らない。
追い越しかける時の前方のマージンの取り方や後続パーティへの「ここにいるよアピール」等、こういう方が先導だと安心して付いて行ける。
ほんのところどころだが、バイクに軽く鞭を入れられる場面があった。GSに付こうとすると、sport の空冷L-Twinは 2st250か?ってくらい忙しいね^^

R303との交差点でご夫妻の GS、R nineT とお別れ。
ご一緒できた時間は短かったし、連休の行楽車に閊えたペースではあったのだけれど、楽しく走る事ができた。
またご一緒してくださいネ^^ありがとうございました!!



ご夫妻とお別れしてすぐの「道の駅若狭熊川宿」この後もお気をつけて!! ここも久しぶりだ。


ここからは、R303~R27~周山街道で京都に帰るつもりでいたのだが、寄り道したい気持ちがムクムクと。

そこで



青い空と青い海。気持ちがいい。blogに何度か登場している世久見湾の風景。向こうに見える島は鳥辺島。


K22~田烏~R162から常神へ。

三方五湖から常神岬に至るK216のワインディングを楽しんで



常神岬にて

何があるわけでもなく。
この景色と自販機しかないが、お気に入りの場所
ここまでの道も、ところどころ荒れた場所もあるが、楽しめるコース。
岬が近づくにつれ道路が狭くなるのだが、今年は手入れのため切り落とされた枝や落ち葉が路肩にかなり残っていて、さらに狭く感じた。
楽しかったのには変わりないけれど。



R162からK216の快走ルート。この地図の「世久見湾」の文字の下にあるのが、2つ上の写真の鳥辺島。


しばらく佇んだ後、往た快走路を折り返し、小浜市内~R162周山街道に向かう。
周山街道。
大好きなワインディングなのだが、悲しいことに、この数年で二輪の大きな事故が相次いでいて、取り締まりやPC・白バイの巡回が厳しくなっている。
一部のサーキットまがいの走行をする走り屋の所為だ、なんて声もあるが、クルマなど他の交通から見れば、多分僕も変わらない。
全くの制限速度で走っているのかというとそうではないが(苦笑)、周囲の交通に配慮しながら、傍若無人な走りにならないように、せっかくのツーリングにミソが付かないように気を付けるのみ。
途中、サイン会があったが、対向のバイク(SSだったが、車種は分からなかった)がジェスチャーで教えてくれて、事なきを得た。
最近、こうして教えてくれるヒト、少ないんだよな。Thanks!!

周山街道を南下し、美山まで戻ってきた。
ここまで200と数10kmを走って少し疲れた感じがするが、いつものコースを3周。
この日は、地図上の方からアプローチの反時計回り。
「道の駅美山ふれあい広場」は、バイク・クルマともに多すぎてスルーした。





15:00を過ぎて、帰路に。



R162周山街道を京都市内方面に向かう。


美山を出た時点では周山街道をそのまま流して帰るつもりだったのだが、心地よい陽射しもあって、もうちょっと走りたいと思った。
R477で左折して、京北の快走路から花脊峠へ向かう。




京北町・山國神社にて。背後の天童山・飯森山からはパラグライダーが気持ち良さそうに飛んでいた。


写真の山國神社で道草をしたが、お気に入りの快走路、sportとの対話を楽しむ。
アクセルの開度とスピード、タイヤからのロードノイズ、空冷L-Twinのサウンドとバイブレーション、ヘルメットや体にかかる風圧、、、
いろんなものがシンクロする。
無茶苦茶に飛ばすわけではないが、スピードのリアリティとでも言おうか、こうしたものを心地よく感じる自分がいる。

京都市内に向かうワインディングも楽しむことができた。
最後、花脊の急下りの葛折りは前走車につっかえてしまったが。



sport では今季初の花脊峠。去年の写真の使い回しじゃないですよ、ってくらい同じようなphoto^^;;


自宅を出てすぐのサプライズから始まったショートツーリング。
お気に入りの風景やワインディングを1日たっぷり楽しむことができた。
 





この日の走行距離 280km。
美山など近くのワインディングをちょっと走ってくるパターンが多いから、200km超えは久しぶり。
確認したら、去年のエッコさん♪とのビワイチ以来だった。
心地の良い、軽い疲労感。
燃費データは 23.2km/l 相変わらずの優等生ぶり。
もっと走りたいね。



最寄りのshellで給油、洗車を終えて18:00。心地よい疲労感での締めくくり。



2018年4月12日木曜日

2018 桜

例年より冷え込みが厳しく、長引くと思っていた冬。
前の投稿のすぐ後の頃から暖かい日が続いて、一気に季節が進んだ。
桜の開花も、1週間から10日も早かったようだ。
「今年は一斉に咲いたね」なんて声が、何人もの友人たちから聞かれた。

のんびりしていたら見逃してしまう。
4/07(土)、sport と桜を観に出かけることにした。
向かう先は、琵琶湖の北・海津大崎の桜並木。


********************************************************************************************************************************************************************************


高島市・海津大崎では、毎年満開を迎える週末に「桜まつり」ということで、9:00頃から夕刻まで自家用車は進入禁止となる。
が、それよりも、やはり関西きっての桜の名所。いい時間になってくると、のんびりバイクで桜並木を流すには人や車が多すぎる。
早朝のうちに着くようにと、夜が明ける前に家を出た。



am 4:45、L-Twinに火を入れる。メーターの時計は10分ほど進んでいるようだ。



前回訪れたのは、2014年
この時には、お気に入りの江文峠から大原を抜けたが、今回は幹線道路から。
R1を東に向かい、R161を北上する。
気温は5〜6℃。だが、あらかじめ冬装備に近い格好で出たので、そう寒さは感じない。
前日の雨で所々WET部分が残る路面を、前走車のペースに合わせながら流す。
久々の払暁RUN。少し冷たい空気が気持ちいい。



am 5:40 高島市・白髭神社にて。後ろの”湖上鳥居”は琵琶湖の名勝の一つ。


日が昇り始める時間。この手前の頃までオレンジ色の朝陽が時々見えていたのだが、白髭神社に着く頃からすっかり雲に隠れてしまった。
少し体を伸ばし、走り始めて程なく小雨がぱらついてきた。
「この気温で濡れるのは嫌だなぁ」と独り言ちる。雲の様子からすると、止んでくれる気配はなさそうだ。
例によってカッパは持たずに来たが、天気と路面は諦めて桜を楽しむことにした。
この空だと、写真に撮った時の桜の淡い色合いが引き立つんじゃなかろうか。


am 6:30 到着。






R161 を右に入った県道の琵琶湖岸を東の大浦漁港方面へ向かって流す。
路面が濡れていて奥琵琶湖パークウェイのワインディングも楽しめそうにないので、八幡神社御旅所/丸子船の郷付近で折り返すことにした。



御旅所にて。2014の投稿や、昨年のエッコさん♪を案内したツーリングでも、同じ場所での写真を掲げているね。


桜越しに見える対岸は大浦漁港。お気に入りの風景。




上2枚の写真から、今度は来た道を折り返す。



左手に湖と桜並木を見ながらゆっくり流す。
上の御旅所から二本松キャンプ場あたりまでの景色が好きなのだ。



この blogger の最初のご挨拶記事に使った写真は、2010年のこの辺だね。


同じ場所で毎回撮っているね^^。blogのヘッダーの写真は2014年のこの場所。



ロテル•デュ•ラク 前の並木



二本松付近。この辺りを過ぎると、カメラマン達や撮影のための停車のクルマが増えてくる。


ここも14年に似たような写真を撮っている


大きく右に回りこむ上の地図でのU字の底の箇所を過ぎると、桜のトンネルの区間や遊覧船乗り場、立派な枝垂れ桜のある売店などがある。
人やクルマが増えて、早朝といえど、ゆっくりバイクを停めて写真、というのもだんだん難しくなってくる。
















am 7:20 
小1時間かけて、桜並木を往復した。



海津の桜、また来年。



たっぷり桜(と撮影)を楽しんで、帰路につく。
小雨はほんの時々は止まるものの、完全に止んではくれなさそうだ。
幸いカッパが必要なほどではないが、ライディングパンツやグラブが湿ってきた。

どうせなら退屈な幹線道路じゃなくて、お気に入りのワインディングを流そうか。
R161〜R303〜R367=鯖街道へ。
幸い遅いクルマもそうそうなく、快適なペースで走ることができた。
ただ、雨が強くなって気温も上がらず、シールドが曇り始める。



am 8:15 道の駅「くつき新本陣」へPIT IN。久しぶりだ。


帰路の鯖街道にて。


帰り道、上のphotoのような景色もたくさんあって、もっと停まりたかったところだが、雨とシールド曇りからくる視界の悪さに悩まされ、残念ながら余裕なし。
ひたすら、sport に鞭を入れる帰路となった。
「途中」を過ぎた頃、ようやく雨が止む。
最後に、江文峠から京都市内へ。



こんなルートで am10:00を前に帰投。


天気と路面は生憎だったが、桜と sport のコラボはたっぷり楽しむことができた。
濡れた路面や散った花びらで、これまでで1or2を争うくらいに汚れてしまった愛車を洗車。




洗車完了は12:00。 お疲れ様。

この日の走行距離 173km。燃費データは 21.8km/l
季節は新緑へと向かう。


2018年3月25日日曜日

0324 今日も今日とて

飽きもせず、日吉〜美山へ。

前回、3月3日に走ったのと、全く同じルートを辿る。






R162を北に向かい、「ウッディ京北」の手前からR477へ。
府364から天若湖の北面を通るUnnamed Road へと繋いでゆく。
このUnnamed Road 、道幅は狭いがクルマもほとんどなく、気持ちよく駆けることができる道だ。
先の投稿でも写真のキャプションに書いたが、小さい曲がりが続くもののアップダウンはさほどなく、難易度は花脊や佐々里峠よりも低く走りやすい。

そうそう。
先日所用のついでに開通した佐々里峠〜花脊峠を車で走ってみたが、杉の落ち葉がまだ相当残っていて、真っ赤な道になっている。
まだ sport で積極的に走りたくなるコンディションではなかったな。
もうしばらく、4月中旬かGW頃まで待ったほうが良さそうだ。




1.5車線くらいの幅員で、対向車への注意は十分必要だが、程よく曲がりがあって気持ちよく走れる。
花脊や佐々里峠はまだ積極的に走りたい路面ではないので、このルートは嬉しい。




走ったコースが全く一緒なので、地図もそのまま^^;;



上のルート図「Google」ロゴの"G" の真上付近で撮ったphoto。
後ろに写っているのは「世木ダム」。現在のダム本体は、大部分が水没していて堰のような佇まいだ。



前回と同じスポットにて撮影。3週間ぶりだが、木々の芽吹きはまだこれから。



このルートから、日吉ダムを経て府19〜美山へ。これも前回と全く同じ。
府19では少し sport に鞭を入れ、新しいタイヤの感触を確かめてみる。
感想は前記事に書いた通りなのだが、旋回初期のリーンの速さといい、その後に来るグリップ感とそのインフォーメーションといい、自分のテクニックが上がった?と感じるほど。
本当に気持ちよく走ることができた。いつものルートを今日は2周(笑)

美山の道の駅は止まらずに通り過ぎ、そのままR162・周山街道を南下して帰路に就く。
前を飛ばす125がいたので、付かず離れずのペースで(まぁまぁなペースだった)流す。
帰り道のペースにしては速かったかな。
その先、咋夏、定点観測でやられた同じ場所でサイン会が開催中。今日は無事に(苦笑)止まることなく、通過。
嫌な考えだが、先行していた125は、これを知っていたかもしれない。




最後に最寄りshell にて 給油&拭くピカ。キレイな青空だ。


何れにしても、今日も sport と楽しく走ることができた。
乗れない日々が続くと、正直、他のバイクが気になったりもすることもあるのだが、やっぱりこの娘はステキだね。
ちょっとお歳は召してきたけれど(笑)

春分も過ぎ、いよいよ春本番。

本日の走行距離 135km、燃費データは 21.0km/l


【追記】
本日のあまリング


前回よりも少しだけ使えたね。